2016年6月アーカイブ

知らない世界がそこに!

結構2007年から嵌った"Boy's Love本"や"ホスト×OLの恋愛小説"を

これでもかっ!というほど読んでいたので、若干何も知らない深窓の令嬢(だれが?怒)

でもなかった為、目を剥くほどの衝撃はありませんでしたが。 (大笑)



しかしながら、やはり我が身の人生とはこれからも交わることなど

ないであろう、賑やかで華やかでちょっと笑えるけれど恐ろしげな世界

が垣間見えたような気がします。



興味があるのに結局、ツテも縁もなくホストクラブを経験したことの

ない方、ぜひっ 一読なさってください。 楽しめると思います。



読む分には、お金も気も使わなくていいですからね。^^:

身を誤る危険もありませんし。



[貧乏な藤原紀香より金持ちの@@@@代]には 笑いましたねぇ~。



わたしね、この一行にプロのホストの姿を見てしまったように思います。

まぁ、この位はっきりと線引きできるようでなくてはプロとしてやっても

いけないし、商売にならないってことなんですね。





恋愛とただのお遊びをしっかり認識して使い別けられる女性でないと

ちょっとホストクラブで楽しむのは、きついかもしれませんね。
石油ストーブにしたら冬の光熱費ももう少し安くなるんじゃないかと思うのですが、なかなか導入に踏み切れません。

子どもが小さいうちは、やっぱり子どもがいたずらしたりうっかりストーブにぶつかったりして火事になったら大変だからと思ってました。


そんな子どもも大きくなったので、もうそろそろ危なくないとは思うのですが...私が灯油恐くてやっぱりダメ!

先日親戚宅にお邪魔したとき、灯油ストーブがあって灯油補給したんですが、ちょっとこぼしちゃったんですよ。


もうパニックになりかけました。

よその家で雑巾もなかったので、ティッシュ何枚も使って慌てて拭き取りましたよ。


ちょっとでも吹き残して、そこに何かの拍子で火の粉がついたら...なんて考えてたらホント恐ろしくなってしまって。

こんなビビリな私ですから、家に石油ストーブなんて置けません。

火星への移住

火星が最近とても話題になっているようです。

生命体がいる可能性や、地球に一番近い環境だという話で。

そういう意味で以前見たアバタを思い出しました。


正直アバタを最初に宣伝で見た時は、子ども達のための映画だと思っていました。

そして映画では見なくて家で再放送の映画で見たのですが、かなり感動しました。

こんなにいい映画だと思っていなかったからです。


画面の風景といい内容の構成といい子どもだましの映画ではないというのを感じました。

そういう中で、地球の人間と違うとても純粋な心にとても惹かれました。


火星にいつか人間が移住するなり、その火星でのなにか生物がいるなりしたとして、

自己の利益を中心としたこの地球のような環境でないそういう世界が出来てほしいと

思うものです。

花粉の季節ですね

私は花粉症でないので、春の気配が日に日に強まる今の時期はとても心が躍ります。

一方主人はかなり重度の花粉症なので、晴れていて少し風がある日などは目は腫れ、

鼻も垂れとかわいそうな姿になってしまいます。


冬は洗濯物を一日外に干していても乾かないこともあるので乾燥機を使ったり、

布団を干す頻度も低いのですが、この時期になると日差しが暖かいのが嬉しくて

外に出す日が多くなります。


でも、これが主人にはかなり不評で。

洗濯物や布団についた花粉が家の中に入ってくるので、逃げ場がなくなるそうなのです。


辛さが分からないだけに、外に干したのに部屋干ししたよ~と言ったこともあるのですが、

家の中でもくしゃみ連発したり、花粉に反応するのでばれてしまうんです。


今年は花粉が多くて、昨年よりも辛いのが見ていてわかります。

できるだけ家の中に花粉を持ち込まないように気を付けてあげたいと思います。

間宮兄弟

江國香織の「間宮兄弟」を読んだ。

社会にうまくなじめない、女性には全くモテない、でも兄弟は仲がいい。

テレビのプロ野球観戦や、ビデオ鑑賞、読書など何気ない日常を愛している。



そんな兄弟の愛すべき日常の物語だった。

よかった。殺伐としていない、こんな温かい日常を送りたいと思った。



しかし女性にはモテない。2人は不器用で優しい。しかし、

スマートでスピーディーで、かつ社会に順応している人が

求められる世の中なので、2人は他の人から必要とされない。



子供の頃も学校に良い思い出が全くなかった2人。しかし、まっすぐに、

ありのままの日常を送っている2人からはいろんなことを考えさせられる。

ぐにゃっとした道を選んでいる自分のむなしさとか。

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。