2016年11月アーカイブ

老後の楽しみに孫の世話を

現在私の姉は妊娠中なのですが39歳で初産となりいろいろ心配事も多いと言えます。まださほどお腹は大きくなっていないので元気に仕事にも行っているみたいだし、今の内にとベビー用品をいろいろ購入したり、友達のお下がりを貰いにいったりかなり精力的に活動しているみたいです。


まあ本人は体力もあるし気持ちも若いので母子ともに健康に生まれてきてくれたら何の問題もないと言えるのですが、姉は出産後も仕事を続けるみたいなので案外お婆ちゃん役を務める私の母親の方が大変かもしれません。


現在60代半ばで健康ではありますが体力が落ちてきている所に孫の世話となるので嬉しい反面ちょっと厳しいかもなんて言っていました。まあ大変だけど老後の楽しみには丁度いいかもしれませんね。

人気は、顔だけじゃないぞ、と思う

職場に2人の女性がいます。年齢は、2人とも30前後の女性です。

一人は、とてつもなく美形で、スタイルも抜群、芸能人ですか、女優ですか、

モデルですか、という感じの人です。


ただ、この女性なんとなく暗い。声も小さいし、また美人すぎて、なんとなく、

とっつきにくい感じがしています。


一方、もう一人の女性は、お世辞にも美人とは言えませんが、愛嬌のある、可愛いらしい人です。明るく気さくな感じで、分け隔てなく、職場の人に話しかけています。


職場の男性には、前者のとっつきにく美人より、明るく愛嬌のある、後者の女性の方が圧倒的に人気です。

この二人を見ていると、人気が出るのは顔だけじゃないぞと思います。


むしろ、性格や行動の方が大きく影響するように思います。

クマが怖くて眠れないです

今、書きながら、靴下がないのが寒くて仕方ありません。

くまったなあ、とそう、最近どこでも出ているクマです。

これが怖くて、夜眠れなくなりました。



ただ、うちは河原に面していて、そこを渡ってくるとはいっても、フェンスや高い所を跳んだり、登ったりするほどの力はないと考えています。

木は登るかもしれませんが、それにしても、最初に上がってくるとしたら、近隣の住民から悲鳴や

110番となると思うので、そこからだと思います。



もしクマが現れたら、うちは避難場所になりそうな気がしますね。

嫌だなあと思いますけれど、こういう時、ちょっと役に立つのがうちの愛犬でしょうか。



変な言い方、ネコに思いっきり食ってかかる愛犬が怯えたらクマでしょう。
先日アフリカのルワンダでドローンに輸血袋を装着して遠くにある診療所に届けることを開始しましたが、素晴らし取り組みだと思いました。

日本ではドローンはどちかというとマイナスのイメージが先行しているので、普及していくには落下したときの安全性などいくつかクリアしなければならないことがあります。

ルワンダは元々人が少なく車で移動するほど整備されたいない土地なので、空中を移動するドローンが活躍しなすいことは確かです。

今回のドローンは翼が付いた本格的なもので、時速70kmであることや飛行可能距離が150kmあるのでしっかりした造りになっています。

まだ始まったばかりですが、医療関係ではドローンが活躍する場が多いと思うので期待していきたいです。

久しぶりのお祭り

先日久しぶりにお祭りに行ってきました。



元々出不精の私ですが、子どもの頃は親や友人と連れ立って、お祭りにも行っていました。



でも大人になると「蚊に刺される」「暑い」「人が多い」など、楽しみたいという気持ちよりも、疲れたくない、楽したいという気持ちの方が先にきて、中々お祭りに出向くことはありませんでした。



でも、久しぶりに友人に誘われて、お祭りに行ってみたら、



・・・楽しい!めっちゃ楽しい(笑)



人込みはめっちゃ嫌だし、厚いし、浴衣は動きづらいしで、本当に疲れたんですけど、それを上回る楽しさでした。



お祭りってこんなに楽しかったんだっけ?って思うくらい楽しくて、今まで来てなかったことを後悔しました。



今回は同性の友達数人と行ったので、次は恋人と行けたら、もっと楽しいのかな?なんて妄想もしつつ、来年もまたお祭りに行こうと思いました。

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。