2017年1月アーカイブ

嬉しいニュースがありました。

8月の台風による大雨で橋梁が3か所も流されたJR石勝線の開通は嬉しいニュースです。被害の大きさから復旧まで少なくても半年以上はかかると思っていました。改修工事で使用した橋梁は他の工事で使用する橋げたを転用したそうで、これにより工期が短縮されたそうです。

不通区間を代行バスで一日3往復走らせ対応していましたが、釧路・帯広から札幌までの時間は利用者にとって大きなロスでした。それがJRの復旧にかける執念と工事担当者の技術力の結集が実り4か月で復旧させました。

このことは観光客の落ち込みで大変だった関連企業ばかりじゃなく、通学高校生の授業や部活制限からも開放されます。また、貨物列車も再開されるので農作物の大生産地である十勝から大量に輸送出来ます。生産者・消費者共にメリットは大きいですね。

時間固定のパート



私は妊娠前までパートタイマーとして販売員をしていました。



一日四時間、時間は固定だったので一日のリズムが整いやすかったのが魅力的でした。



午前中にあらかた夕飯の支度やその他家事をしてパートへ行き、帰ってきたら夕飯の準備をする。



そんな日々を送っていました。







パートの時間は十三時~十七時。



子供がいる主婦の方には働きづらい時間でしたが、私のような子供のいない主婦や子育てが一段落した主婦の方にはちょうどいい時間帯でした。







本当は出産ぎりぎりまで働きたかったのですが、体調が思わしくなく泣く泣く退職することにしました。



パートタイマーの仕事は立ち仕事、体力仕事が多いのも特徴だと思います。



そして人員がぎりぎりなので、休むとほかの人に迷惑がかかってしまうことも珍しくありません。



なので私は思い切って退職に踏み切りました。







パートタイマーとして仕事をしてきて、接客、販売、レジ操作など様々な経験をしました。



夫の職種により転勤族なので、今後もパートタイマーとして働くことになると思います。



そんな時上記の経験はきっと強みになって採用につながると思います。



自分のしてきた仕事に自信を持って、これからも経験を活かせるパートタイマーとして仕事をしていきたいと思います。

NHKの受信料についていいたいこと

NHKの受信料は高いです。

普段民放しか見ていないのに、NHKなんか一切見ていない。

大河ドラマの出来次第ですが、たまに見ることもあります。


よく引っ越してしばらくしたらNHKの受信料を徴収する人がやってきます。

居宅にテレビがあると必ず受信料を請求されます。

ただテレビがないと放送法の規定により徴収できません。


そもそもNHKの受信料制度そのものが間違っています。

受信料は国民から半強制的にとっているものです。


仕事でNHKを見ている暇がない人でもテレビがあるだけで無理やり取られます。

まったくNHKを見ていない人も同様です。

利用していないサービスに対して、ヤクザのように無理やりお金を取って行っているようなものです。


対案として、国家予算をそこに充てるべきだと思います。

どの道われわれの税金を使うわけですからね。


仮に受信料を収めたとして、NHKに希望の番組を作るように要請してもそうはならないのが現状なので、受信料自体が意味をなさないのです。

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。