2017年7月アーカイブ

SLイベント

先日、SLのイベントに行ってきた。といっても動くSLに乗るんじゃなくて汽笛を鳴らしたり、中を見学をしたりといった感じなんだけどすごいワクワクした。

動かないけど、たくさん人が並んでた。カメラを持った年配の人が多かった。

子どもの頃にはSLはとっくになかったんだけど妙な憧れがあった。なんでだろう。テレビや本の影響かな。大人になって友人との旅行計画にSLを組み込んだけど却下され(泣)今回初めての経験となった(動いてないけど)

すごいね。石炭を入れるとこも見た。あんまり広くないスペースで、石炭を人力で入れるのか・・・と思うと昔の人はすごいなぁと思った。あんなに大きい機関車が走るんだから本当に重労働だね。しかも灼熱の暑さだろう。

今回のイベントでは客室はなかったんだけど、きっとレトロな感じでステキなんだろうなぁ。

今は、家庭の事情で遠くに行けないんだけどいつか動くSLに乗ってみたいなぁ。

怖がっていた自分が恥ずかしいです

いつもよりも早く仕事が終わり、駅から家までいつもとは違う道を通って帰る事にしました。

その道は街灯が無く薄暗く、前方があまり遠くまで見通せませんでした。

すると少し先に、白い服を着た人のようなものが目に入ったのです。


しかしその人は微動だにせず、じっと立っているのです。

いつまで経っても動かないので、コレはもしや人ではないのかもと思いました。

もしかして幽霊かもと思い、一気に怖くなってしまったのです。


なので来た道を戻ろうかと考えました。

ですがそれだと家に帰るのが遅くなってしまうので、勇気を出して恐る恐る歩き出しました。

どんどん白い物に近付き、私の心拍数はどんどん上がって行ったのです。


そして白い物に最接近した時、正体が分かりました。

それは寒さ避けの為に、樹に白い布が巻かれているだけだったのです。

私はなんだと思い、安心して足取り軽く家路につきました。

久しぶりのカラオケ

以前から私はカラオケが好きで、暇があれば友人とカラオケに行ったり、俗に言う「ヒトカラ」にいったりしていたのですが、仕事が忙しくて最近はカラオケに行けていませんでした。

しかし、先週の土曜日仕事が一区切りついたため、市内で行われているカラオケの集まりに参加しました。参加者は20代から40代と幅広く30代の私も特に浮くことなく溶け込めました。

私は所謂おたくであるため、アニメソングなどを歌っていたのですが、

同じような趣味の男女が何人かいてその方たちと仲良くなりました。

その内の一人の女性が私の好みのタイプであったため、少々強引ではありましたが、

ラインの連絡先を交換しました。

それから彼女と何回かラインのやり取りをしてデートの約束にこぎつけました。

カラオケの集まりに参加して本当に良かったです。

国際結婚

国際結婚は今では当たり前かもしれません。



外国人の旦那さんを日本に連れてきて家族で済ん冷る人もいますし、逆に外国人のん旦那さんの祖国に一緒に住むというインターナショナルファミリーも少なくありません。

我が家もその1つですが、こういった家族のケースを映し出すテレビ番組が最近ではかなり頻繁にやっています。



こんな番組をたまに見ていると、国際結婚というのは、日本や他の国でも当たり前かもしれませんが、そうではない地域もすごくあるのだ(宗教的な問題で)ということを知ることが良くあります。

それを見ると、世界というのは1つになったと思わせつつも、まだまだみえないかべがいくつもあるのだなと、感じさせられる日々を送っています。

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。