2017年12月アーカイブ

実母とは、あまり会う機会がない毎日をすごしているんですよね。

理由は、私が結婚していて子どももいるし、実家とだいぶ離れているし、車を運転できないので移動はもっぱら公共交通なんですよね。

都会だと、数分後には必ず来るJRですが、田舎だとそうは行かない1時間1本と言うのが普通です。だからそれに乗り遅れたら、待つしかないんですよね。



JRの快速で1時間ぐらいは揺られて、次はレールバスに乗り込むのですがそのレールバスの時間までに、昼食用のおにぎりを買いますそして、水分補給の水を買ってレールバスの中で食事をします。理由は簡単なんですが、乗り換える駅の近くには悲しいことに食事できる施設が何処にあるのか分からない。そのために車中でおにぎりを食べるけどなんか恥ずかしいですね。



レールバスは、田んぼと山々と素晴らしい長閑な田舎の風景画が広がります1時間もすると私が暮らしていた実家が見えます。実家の前を通り過ぎ実母のいる施設に向かいます。

もうすぐ、私は施設のある古い駅に降ります。

ちょっと緊張しています。

趣味について

私の趣味の一つに読書があります。

最近は、海外の小説のファンタジーものの推理小説にはまっています。

英語をそのまま理解できればよいのですが、そこまで英語の読解力がないため、翻訳されたものを楽しんでいます。



読書をしていると、辛いことや悲しいことも忘れてしまうくらい没頭できます。

読書は小さな頃から好きだったし、今でも一日30分以上は読書に時間を充てています。



本は小説を読むことが多いです。

日本の小説も海外の小説もどちらも読みます。



あと、本は中古でネットで購入することがほとんどです。

たまに図書館へ借りに行くこともありますが、貸し出し期限があるので購入してゆっくりと時間をかけて読むことの方が多いです。



読書をすると、心が安らぐのでこれからも続けていきたいです。

枕の高さで眉間のシワ?

最近、眉間のシワが気になってしょうがありません。



このシワさえなければ、もう少し若く見えるのではないだろうかと調べて見たところ、眉間のシワには横向き寝も関係しているみたい・・。



実は私、左を下にしないと眠れないという変なくせがありまして、眉間のシワも、左のほうがくっきりと濃く刻まれているんです。



これは!と思い、横向き寝を改善するには、と調べたら、枕の高さが良くないようです。

低いまくらでは寝た気がしない性分なのですが、この際だからとバスタオル枕にしてみました。



よく、首のシワを作らないためにと紹介される、タオルを畳んだだけのもの。

心もとないわと思いながら寝たところ、起きた時、しっかり仰向けで寝ていました。これでシワが解消されたら、嬉しいなぁ♡

夫の失業

今年の4月、夫が仕事先から雇用契約を解除されてしまいました。

理由は高齢である事でした。

肺気腫を患う夫は67歳で世間では年金生活の対象です。

けれども長年通信工事の技術者であり請負業者であった為、

僅かな国民年金しか受給する事ができません。

震災以降は仕事は減る一方で貯蓄などあるはずもなくまだまだ仕事をして貰わなければと私は考えていました。その矢先に健康診断で肺気腫をいい渡され、結果、元請けから解雇されました。

長年尽くしてきた会社でしたが電話一本でその旨を伝えてきました。表情ひとつ変えず解雇宣告を聞いて受け入れてしまった夫に怒りすら感じた私は冷たい妻ですが、一気に谷底に突き落とされた気持ちでした。

あの日から半年近たち夫はハローワークに通い仕事を探してます。職人だった夫が他の仕事ができるかはわかりませんがまあ気長に見守るしかないのでしょうか。

生活に余裕があれば優しくしてあげられるのに。ごめんね。

NHK放送博物館を知っていますか

神谷町駅で有名なのは、出世の階段がある愛宕神社ですが、その神社のすぐ横(階段を下りないで地続きになっています)にNHK放送博物館がひっそりと佇んでいるのは、あまり知られていないようです。

こちら入場無料で、NHKの代々朝ドラなどのポスターや情報、ヒロインの一覧や脚本などが並んでおり、大人世代が十分に楽しめます。子供のコーナーでは懐かしいゴン太くんや、じゃじゃまる、ピッコロ、ポロリといったこちらも...今では親御さん世代になっている着ぐるみや、昔これ見た記憶がある!といった人形劇などが、短い紹介で見られるようになっていました。

他にも8K放送を体験できる広めの視聴コーナーなど、じっくり見ていると90分以上は必要な充実したラインナップがありますので、愛宕神社を訪れる際にはご一緒に回ってみてはいかがでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。