地震の備えについて

私は北海道に住んでいるのですが、先日の胆振東武沖地震でブラックアウトが起こったことをきっかけに、地震の備えが大切だということが改めて実感しました。

まず、手回し携帯用ラジオを購入し、ヘルメットや太陽光で充電できる蓄電池も購入しました。


蓄電池は、2,3kgくらいの重さで、AC電源が2つ、DC電源(USB電源)が4つついていました。

試しにテレビに繋いでみたところ、150Wというカウントが表示されました。


太陽光の充電に関しては、窓にS字フックでかざして、日当たりがいいと20〜50W充電されることがわかりました。

また、非常用の食料20食分(水だけで食べられる)と水7日分購入しました。


それに加えて、非常用ヒーターがもうすぐくる予定です。電気を使わないでカセットボンベで熱を発生できる仕組みになっているようです。

実際に長期停電を体験してみると、ちょっと大げさすぎるくらいの備えでも足りないくらいだと思ってしまいます。備えあれば憂い無しですね。

このブログ記事について

このページは、かつが2018年12月20日 10:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「妊娠中の体重増加がヤバイ!」です。

次のブログ記事は「冷えにはしょうがが一番」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。